HOME院長紹介矯正装置の種類子供の矯正成人の矯正治療費・お支払い方法インフォメーション
メニュー


インビザラインについて

インビザライン(熱可塑性カスタムメイドマウスピース型矯正装置)は1998年、アメリカのアライン社により開発されたマウスピース型矯正装置で、 世界中で300万人以上の治療実績があり、より確実で快適な治療が提供できるよう日々進化し続けている信頼度の高い矯正治療システムです。
従来の矯正治療は、歯にワイヤーを装着するのが主流でしたが、ワイヤーの違和感が気になる、
見た目がよくない、人前に出る機会が多いなど、矯正治療には審美性に関しての問題が多々ありました。
この問題を解決したのが、インビザライン(熱可塑性カスタムメイドマウスピース型矯正装置)です。 オーダーメイドで製作する 薄い透明なマウスピース型装置のため、装着していても周囲から気づかれることはほとんどありません。

日本矯正歯科学会からのお知らせ(アライナー矯正装置による治療方針について)

インビザラインのメリット(熱可塑性カスタムメイドマウスピース型矯正装置)

merit

1

目立たない

インビザラインは、従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、それぞれの患者さんの歯にオーダーメイドされた透明なマウスピース型のため、目立たず周囲から矯正していることが気づかれにくい装置です。

merit

2

痛みや違和感が
少ない

歯を動かす距離がアライナーごとに0.15~0.2mmととても短いので、痛みが少なく、必要最小限の動きで目標となる歯並びに整えることが可能です。

merit

3

自分で取り外しができる

マウスピースは、食事や歯みがきの際など、必要に応じてご自分で取り外しが可能です。
そのため、口内を常に清潔に保つことができ、虫歯や歯周病などの心配もありません。

merit

4

体にやさしい

従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、金属を使用していないので、 舌や粘膜を傷付けることや、口内炎のリスクがほとんどなく、プラスチックでできているので、金属アレルギーのある方や妊娠されている方でも安心して治療を受けることができます。

インビザラインのデメリット(熱可塑性カスタムメイドマウスピース型矯正装置)

demerit

1

時間がかかる

インビザラインで治療するために、マウスピースの基となる歯型と歯の写真をとってから、アメリカのインビザラインの会社に送らなければならないため、実際に最初のマウスピースのセットを受け取るまでに時間がかかります。
また、自分で取り外しが可能であるというメリットの反面、インビザラインは着用していることで 歯列矯正をしており、着用しなければ歯が動かないため矯正の期間が延びたりしてしまいます。

 

 

 

Reservation&Contact
WEB予約&無料相談

24時間受付可能

WEB予約の方はこちら

お気軽にお問合せください。

無料相談の方はこちら

愛知県岡崎市羽根東町3-1-1
ラッシュビル2F

TEL 0564-57-8008 FAX 0564-57-8018
MAIL smile@tucci-oo.com
URL http://www.tucci-oo.com

copyright c 2015 つちかわ矯正歯科 All right reserved.