第8回リンガルタイポドントコース 再受講

9/16,17に名古屋で行われたJOLA主催の第8回リンガルタイポドントコースを受講してきました。
タイポドントとは、矯正歯科治療をシミュレーションするために用いられる矯正用咬合模型です。
歯の移動や咬合関係の変化を理解する上では、非常に役立ちます。
今回は舌側矯正の基礎を学ぶコースです。

実は4年前の東京で行われた第3回、2年前の京都で行われた第5回と今回で計3回目の受講となりました。
このコースは第1回目から毎回アップデートされており、再受講でも聴く価値が十分にあります。
講師の先生たちとの距離も近く、親身になって指導していただけるので本当に勉強になります。
また、当たり前になっていることや、忘れていることなどブラッシュアップにも最適です。
もちろん、ワイヤーベンディングもしっかり行ってきました。

初日の夜は懇親会となり、お酒が入りますと益々講師や参加者の先生たちとの交流が活発化され仲間が増えていくのは楽しいです。
過去のコースで知り合った先生と今だにやりとりがあるのも、過去の懇親会での出会いがきっかけでした。
認定医についてや、装置、テクニックと様々な話をしてあっという間に2時間が過ぎていきます。
もちろん次の日の9時には会場にシラフで参加しなければなりませんので、皆早め?に切り上げているはずですw
2日間で16時間の長丁場ですが、本当に有意義な2日間でした。

2018 9月 18日 4:37 pm