ALIAS(アリアス)講習会

今週の木曜日に品川で行われた、舌側矯正治療用の新型ブラケットALIAS(アリアス)の講習会に参加してきました。

このアリアスの特徴は、
ワイヤーを挿入する溝が縦から挿入できるスクエアスロットで従来のワイヤーより細いものが使用できること。
この精度が素晴らしく、より確実に歯をコントロールできるようになったことです。
もう一つに、開閉式の蓋が付いているセルフライゲイションであること。
これによって診療時間が短縮され、患者さんには長時間口を開けていただかなくてもすみます。
また、従来のワイヤーでしばるものよりも摩擦抵抗が少ないため、弱い力での矯正治療が可能になります。
 
触ってみたところ、装置もかなり小さく不快感は少なそうです。
小さいので1日の診療が終わったら、目がしょぼしょぼしそうですw

舌側矯正(リンガル)希望の患者さんはとても多いですから、うちでも積極的に使用していきたいと思っています。

2016 4月 23日 6:25 pm